忍者ブログ
セリエBで再出発を期すユベントスを、日本の片隅で応援するweblogです。WWEに関連するアイテムのまとめにも使います。
ブログ内検索
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
あなたのWebサイトにあった商品を表示、するらしい
Bianconeri's schedule 10-11
[H]ユベントスHOME/[A]ユベントスAWAY
10/08/30 バーリ [A]●0-1
10/09/12 サンプドリア [H]△3-3
10/09/19 ウディネーゼ [A]○0-4
10/09/23 パレルモ [H]●1-3
10/09/26 カリアリ [H]○4-2
10/10/03 インテル [A]△0-0
10/10/17 レッチェ [H]○4-0
10/10/24 ボローニャ [A]△0-0
10/10/31 ミラン [A]●1-2
10/11/07 チェゼーナ [H]○3-1
10/11/11 ブレシア [A]△1-1
10/11/14 ローマ [H]△1-1
10/11/21 ジェノア [A]○2-0
10/11/28 フィオレンティーナ [H]△1-1
10/12/05 カターニア [A]●1-3
10/12/12 ラツィオ [H]○2-1
10/12/19 キエーヴォ [A]△1-1
11/01/06 パルマ [H]●1-4
11/01/10 ナポリ [A]●3-0
11/01/16 バーリ [H]○2-1
11/01/23 サンプドリア [A]△0-0
11/01/31 ウディネーゼ[H]●1-2
11/02/03 パレルモ [A]●2-1
11/02/06 カリアリ [A]○1-3
11/02/14 インテル [H]○1-0
11/02/20 レッチェ [A]●2-0
11/02/27 ボローニャ [H]●0-2
11/03/06 ミラン [H]●0-1
11/03/13 チェゼーナ [A]△2-2
11/03/20 ブレシア [H]○2-1
11/04/03 ローマ [A]○0-2
11/04/10 ジェノア [H]○3-2
Bianconeri's schedule 09-10
Serie A 2009
08-23 JUV1-0Chievo
08-30 Roma1-3JUV
09-12 Lazio0-2JUV
09-19 JUV2-0Livorno
09-24 Genoa2-2JUV
09-27 JUV1-1Bologna
10-04 Palermo2-0JUV
10-17 JUV1-1Fiorentina
10-25 Siena0-1JUV
10-28 JUV5-1
10-31 JUV2-3Napori
11-07 Atalanta2-5JUV
11-22 JUV1-0Udinese
11-29 Cagliari2-0JUV
12-05 JUV2-1Inter
12-12 Bari3-1JUV
12-20 JUV1-2Catagna
01-06 Parma1-2JUV
01-10 JUV0-3AC Miran
01-17 Chievo0-1JUV
01-24 JUV1-2Roma
01-31 JUV1-1Lazio
02-07 Livorno1-1JUV
02-14 JUV3-2Genoa
02-18 EL Ajax1-2JUV
02-21 Bologna1-2JUV
02-25 EL JUV0-0Ajax
02-28 JUV0-2Palermo
03-07 Fiorentina1-2JUV
03-11 EL JUV3-1Fulham
03-14 JUV3-3Siena
03-18 EL Fulham4-1JUV
03-21 Sampdoria1-0JUV
03-25 Napoli3-1JUV
03-28 JUV2-1Atalanta
04-03 Udinese3-0JUV
04-11 JUV1-0Cagliari
04-16 Inter2-0JUV
04-25 JUV3-0Bari
05-02 Catania1-1JUV
05-09 JUV2-3Parma
05-15 Milan3-0JUV


UEFA Champions Legue
09-15 JUV1-1Bordeaux
09-30 Bayern0-0JUV
10-21 JUV1-0Maccabi Haifa
11-03 Maccabi Haifa0-1JUV
11-25 Bordeaux2-0JUV
12-08 JUV1-4Bayern
カウンター
2019/12/07 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/03/31 (Mon)

3月30日15:00に予定されていたセリエA Parma戦は、延期となりました。
試合開始前に、ティフォージ同士の衝突によって死亡者が出たためです。

・現場はトリノに向かう高速のサービスステーション。12時30分頃。
・試合前に、ユベントスとパルマのティフォージが争いごとになった。
・逃れようとしたミニバスが発進した。
・バスの正面にパルマ側のティフォージ・マテオが出現した(元から立ちはだかっていた?)。
・マテオはバスに轢かれ、死亡した。

以上のような情報が報道されています。

関連リンク:セリエAでまたファンが死亡
ユヴェントス対パルマ戦が延期に
http://jp.goal.com/jp/Articolo.aspx?ContenutoId=640929

PR
2008/03/24 (Mon)

3/22 20:30
セリエA
home< Inter 1-2 Juventus >away

三連覇を狙う首位インテルと、覇権奪回を誓うユベントスの戦い。通算176回めのイタリア・ダービーです。ここまでの成績は、ユベントスの83勝43分50敗。しかし現在の戦力差は圧倒的であり、インテル有利と評価する向きが大半でした。それが妥当だと思います。
ラニエリがアウェイのピッチに送り出したのは、欠場のザネッティに代わりカモラネージを中盤のセンターハーフに起用した4-4-2。ベンチにはベラルディ、ビリンデッリ、ステンダルド、ノチェリーノ、パッラディーノ、イアキンタが座り、久しぶりに各ポジションにバックアッパーがいることになりました。インテルもまた蝶番役のカンビアッソを欠くため、スタンコビッチをアンカーに置き、その両隣をサネッティとキヴで固める4-3-1-2を敷いてきました。
試合開始。互いに急造フォーメーションなので、連係を確かめるようにパスを交換しながら、じっくりと好機をうかがいます。そんなスローな展開の中から、ユベントスはカモラネージ、インテルはサネッティ、マイコンがボールを持つと、俄然ペースアップ。それぞれフリーキックなどを得ますが、両ゴールキーパーが再三の好守で流れを断ち切る。そんな展開が前半を通して続きました。全体的に目立ったのはインテルの覇気のなさ。11日にリバプールに敗れたショックから立ち直っていないのかもしれません。

後半。インテルが早々とピッチに上がってきます。続いて、ブッフォンとイブラヒモビッチが仲良く談笑しながら登場。2分ほど間を置いて、ユベントスはキエッリーニを先頭に姿を現しました。両軍ともスタッツに変更はなし。
後半開始。まずユベントスが主導権を握ります。ネドベドのシュートは枠外。カモラネージのシュートはゴールにおさまりましたが、オフサイド。……と思いきや、判定はプレイオン。ラストパスの時点で、トレゼゲとカモラネージが明らかにオフサイドポジションにいたのですが、判定は絶対。49分のたなぼたゴールで、ユベントスが先制することになりました。
52分。マンチーニはトップ下のヒメネスを外し、スアソを投入。4-3-3にシフトして、早く同点に追いつこうとします。期待に応えるかのように、直後の55分。カウンターから、スアソが1人抜け出しました。自陣からピッチを縦断して、ゴールに迫る場面を作りましたが、モリナーロが間一髪これを退けました。一度かわされましたが、必死に食らいついたモリナーロの奮闘が光るシーンです。
62分。右サイドからカモラネージがアーリークロス。デル・ピエロが右足でワンタッチしたボールは、ブルディッソの頭に弾かれつつも、トレゼゲの元へ。トレゼゲの左足が振り切られた時、ボールはジュリオ・セーザルの股間を通り抜けていました。トレゼゴール! これでスコアは0-2!!
64分。マンチーニはクルスに代えてマニシェを投入。4-4-2とし、シソコが蜘蛛の巣を張る、中盤の支配権を取り戻そうとします。しかし2点のリードを得たユベントスは、楽にボールをキープ。デル・ピエロが再三得点の機会を作るなど、余裕の試合運びとなります。
82分。一通り攻め終えたユベントスは、トレゼゲとイアキンタを交代。このタイミングで右サイドを上がったスアソが、倒されながらもボールをマイコンへ。マイコンとスイッチするように、突っ込んできたマニシェが体ごとゴールにねじ込んで1-2。
さらにインテルはキヴに代えてバロテッリを投入。FW4人を並べて攻勢を増しますが、反撃はここまで。ロスタイムに入るやいなや、帰り始めてしまったファン(その多くはもちろんインテリスタ)の様子が、この試合の内容を如実に物語っています。

この結果によって、首位インテルとローマの勝ち点差は残り10試合で僅かに4ポイント。ユベントスも10ポイント差に詰め寄っています。

■この試合の先発と交代選手
    
    トレゼゲ
  (82'イアキンタ)   デル・ピエロ 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ネドベド           サリハミジッチ
(85'ノチェリーノ)                  
     シソコ  カモラネージ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
モリナーロ             グリゲラ

   キエッリーニ レグロッターリエ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ブッフォン

'k ´ー`)<スクデットの行方を占う大一番! だった割には、なんともおとなしい試合という印象。ちなみにカモラネージのゴールは、ユーべ贔屓の目から見ても完全にオフサイド。今シーズンは審判の判定で少なからずの勝ち点を没収されてきましたが、その利子が戻ってきたような感じですね。
あと、デル・ピエロは得点こそ奪えませんでしたが、ワントラップでマテラッツィのマークを外すなど、動き自体はキレキレでした。

NEXT MATCH...3月30日15:00 セリエA Parma戦

2008/03/20 (Thu)

3/19 20:30
セリエA
home< Empoli 0-0 Juventus >away

今節は、上位陣が揃って足踏みしています。
他の試合は次の通り。インテルとユベントスがドロー、ローマ、フィオレンティーナ、ミランは敗戦しているのです。各チームにとっては、ここで勝って上位との差を詰めたかったところでしょうが……。とにかく、仲良く足踏みです。一番悔しいのは、インテル追撃の機会を掴み損ねたローマでしょうか。

■その他上位クラブの結果
Genoa  1-1  Inter
Lazio  3-2  Roma
Napoli 2-0  Fiorwntina
Milan  1-2  Sampdoria

これによって「4位争い」が熾烈になってきました。現在4位のフィオレンティーナから、7位ウディネーゼまで、6ポイント差しかないのです。とくにチャンピオンズ・リーグ出場権を確保したいミランが苦しそう。サンプドリア、ウディネーゼの激しい突き上げを受ける立場になってしまいました。

■現順位と勝ち点
1 Inter  68
2 Roma  61
3 Juventus  55
4 Fiorentina  50
5 Milan  46
6 Sampdoria  45
7 Udinese  44

■この試合の先発と交代選手
    
          イアキンタ
   デル・ピエロ  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
サリハミジッチ         カモラネージ
                  (37's.t.ネドベド) 
     チアゴ  ノチェリーノ
(16's.t.トレゼゲ)   
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
モリナーロ             ゼビナ
(29'p.t.グリゲラ)
   キエッリーニ レグロッターリエ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ブッフォン

'k ´ー`)<試合観てから呟きます。⇒のつもりでしたが、スカパー!で放映がありませんでした。イタリア・ダービーはじっくりレポートしますよー!!

NEXT MATCH...3月22日20:30 セリエA Inter戦

2008/03/18 (Tue)

3/16 20:30
セリエA
home< Juventus  1-0 Napoli >away

ラニエリの“いじり屋(ティンカーマン)”としてのネガティブな面は、衆目一致するところです。当ブログでも何度も指摘してきましたが、これまでは、成績という名の結果が、それを上回っていたため、「まあいいか」と済まされてきました。敗戦の度にささやかれたリッピやモウリーニョを待望する声も、沸点までは至らずにきたわけです。

しかし!

この試合での采配を受けて、多くのユベンティーノの苛立ちは、怒りにまで達することでしょう。
一言で表すと、ラニエリの術の正体は、「その場しのぎ」なのです。なぜチームをいじるのか、それは、対戦チームに合わせた布陣を敷くからです。そして、そのために、持てる戦力をすべて投入する。このため、先日のトリノ戦のように、同じポジションの控えメンバーが不在といった事態にも陥ります。すると、交代する度に、フォーメーションを修整することになります。これでは、チームとして成熟しようはずがありません当面の勝ち点を稼いで残留することが目標のプロビンチャでこそ通用しても、ビッグクラブへ返り咲こうとする現ユベントスの計画とは、相容れない考え方と言えるでしょう。このちぐはぐさが、望外の好成績を保っていてなお、ラニエリに対して不満が絶えない原因だと思われます。

たとえばこの試合では、3-5-2のナポリに対して3-4-1-2。攻撃時には5枚以上を擁して前がかりになるナポリに対して、かならず3バック+2ウイングバックで守れるようにしたわけですが……。それによって、前節左サイドバックとして活躍したグリゲラを、今度はセンターバックに起用。しかも今季初先発となるステンダルド、キエッリーニとの急造3バック。両ウイングバックはノチェリーノ(右)とサリハミジッチ(左)。ノチェリーノは本来のポテンシャルを発揮できる位置ではありません。たとえば同じ位置にミランのガットゥーゾを置くようなものです。もちろん、怪我人が多い中ということは理解できますけれど。
たとえばビデオゲームなら、プレイヤーしだいでうまくいくのでしょうが……。

試合内容はもう、むちゃくちゃ。選手の個人能力で攻守に奮闘しますが、どう組み立ててゴールに結びつけるのか、そのプランがさっぱり見えません。おそらく前半で満足な枠内シュートは1本もなかったのではないでしょうか。
後半、ラニエリは左サイドに本職のモリナーロを入れ、FWにイアキンタを投入。これによってフォーメーションはグリゲラが右サイドバック、デル・ピエロがトップ下に入る4-3-1-2にシフト。しかし試合の流れはさして動きません。決勝点となったイアキンタのゴールも、けっしてナポリを崩したわけではありません。モリナーロがファウル気味にカットしたボールを、デル・ピエロのファンタジー(オーバーヘッドパス)でつなぎ、イアキンタが押し込んだのです。ナポリの守備陣は、ファウルだと思って集中を解きかかった。その一瞬を突いたのはさすがと言えますし、粘り越しの末に終盤のゴールで勝利! というのはユーベらしい決着ではあるのですが……。どうにも納得のいかない勝利なのです。

■この試合の先発と交代選手
    
   デル・ピエロ  トレゼゲ  
          (47's.t.ビリンデッリ)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ネドベド
   
     シソコ  チアゴ 
サリハミジッチ       ノチェリーノ
(14's.t.モリナーロ)   (14's.t.イアキンタ) 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  キエッリーニ ステンダルド グリゲラ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ブッフォン

'k ´ー`)<いつまでたっても開幕直後のようなと言うか、バタバタしていてみっともないと言うか……。ファンはそろそろ老貴婦人本来の、しっとりとセンスのある試合内容を期待しているのですが。

NEXT MATCH...3月19日20:30 セリエA Empoli戦

2008/03/11 (Tue)

3/9 20:30
セリエA
home< Genoa 0-2  Juventus >away

なんと、グリゲラを左のサイドバックに起用したラニエリ。そういえば先の試合のレポートで、グリゲラとレグロッターリエの相性について指摘しました。ラニエリもそう考えたのか定かではありませんが、ともかくセンターバックはキエッリーニとレグロッターリエを基準点とすることは間違いではないと思います。しかもこの日は右サイドバックにゼビナをチョイスしたため、これまでモリナーロが奮闘していた左に、グリゲラをコンバートすることになりました。グリゲラが4バックの左に入るというのは、チェコ代表を含めても見た覚えがありません。

しかし、この起用がずばりと的中。サリハミジッチが上がってスペースを作り、そこからグリゲラがどんどんバイタルエリアに切り込みます。これに対して3-4-3のジェノアの最終ラインは、まずトレゼゲとデル・ピエロをケアしなければならず、残る1枚のDFがサリハミジッチに引きずり出されると、グリゲラは最終ラインに対してフリーの状態になりやすい!わけです。こうして今シーズンを通してみても、きわめて機能的なサイドアタックを構成するに至りました。ドイツW杯時のシュバインシュタイガーや、全盛期のネドベドの動きをイメージしてもらえばよいでしょう。結果、25分に自身のミドルシュート、そして同じ動きから33分、今度はグリゲラに集まったジェノアディフェンス陣の間を通して、トレゼゲへのアシストにつながりました。

ジェノアもフィゲロア、ディ・バイオとストライカーを投入して流れを変えようとしますが、ユーベ相手に2点のビハインドは重過ぎたのか、ボールのつなぎが雑になってしまいました。GKスカルピの冷静な飛び出しやルーズボールの処理がなければ、さらに失点していたことでしょう。

雨のせいでピッチが滑りやすく、双方ボールコントロールに苦しんだこの試合。その隙を突いた“いじり屋”ラニエリによる「グリゲラのコンバート」という奇策が、うまくいきすぎた、といった印象です。

とはいえ同じようなコンバートとして、ザンブロッタの例がありますし……。もしかするとユーベが探していた中盤の要石は、グリゲラなのかもしれません。この試合を観た人なら、誰しも思ったことでしょう。グリゲラは、ネドベドの位置でもプレイできるのではないか、と……。

■この試合の先発と交代選手
    
           トレゼゲ  
    デル・ピエロ
(32's.t.イアキンタ)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
サリハミジッチ         カモラネージ 
   
       ザネッティ シソコ 
    (29's.t.チアゴ)  (23's.t.ノチェリーノ)      
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
グリゲラ                ゼビナ

    キエッリーニ レグロッターリエ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ブッフォン

'k ´ー`)<それにしても、ブッフォンに精彩が欠けていることが気にかかります。試合終了直前にも、フィゲロアへのボールを見逃してしまい、あわや失点のシーンがありました。絶対的な集中力とポジショニングセンスを保持していたブッフォンですが、怪我をして以降、いまだ鈍っているようです。

NEXT MATCH...3月16日20:30 セリエA Napoli戦

プロフィール
HN:
'K (ダスケ)
誕生日:
2019/02/24
職業:
ペンゴロ
趣味:
ごろごろ
自己紹介:
ぐーたらしながら青春を無為に過ごす。マルチェロ・リッピの信奉者で、ユーベも02-03シーズンが一番好き。選手の好みはエドガー・ダービッツ、パベル・ネドベド、ジェンナーロ・ガットゥーゾ、ファン・パブロ・ソリンなどダイナモ系。デル・ピエロは別格のアイドル。05-06シーズンは独ブンデスリーガのカイザースラウテルンに熱視線を送るも、あえなく降格の憂き目にあった。梅のしが大好物。
09-10結果&チーム内得点ランク
16勝7分14敗 勝ち点55(7位)
8:デル・ピエロ
7:トレゼゲ
6:イアキンタ
5:アマウリ、ジエゴ
3:メロ、キエッリーニ、マルキジオ
2:カモラネージ、サリハミジッチ、グロッソ、カンドレーヴァ
1:カセレス、ジョビンコ、レグロッターリエ
08-09結果&チーム内得点ランク
21勝11分6敗 勝ち点74(2位)
14:デル・ピエロ
12:アマウリ、イアキンタ
7:ネドベド
3:キエッリーニ、マルキジオ
2:ジョビンコ、メルベリ、グリゲラ、ザネッティ
1:マルキオンニ、カモラネージ、レグロッターリエ、ポウルセン、トレゼゲ、サリハミジッチ
07-08結果&チーム内得点ランク
20勝12分6敗 勝ち点72(3位)
21:デル・ピエロ(得点王)
20:トレゼゲ
8:イアキンタ
5:カモラネージ
4:サリハミジッチ
3:レグロッターリエ  :キエッリーニ
2:ネドベド  :パッラディーノ
1:マルキオンニ  :シソコ  :グリゲラ
06-07結果&チーム内得点ランク
42試合 勝ち点85(1位)
20 デル・ピエロ "リーグ得点王"
15 トレゼゲ
11 ネドベド
9  パッラディーノ
5 ボジノフ
4 サラジェタ
3 カモラネージ、キエッリーニ
2 ザネッティ
1 パーロ、デ・チェリエ、ビリンデッリ、バルザレッティ、マルキオンニ、ブームソン、ビアンコ
最新CM
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/10)
最新トラックバック
バーコード

ユベントスのセリエBあらためA!奮戦記/WWE温故知新
Blog Produce : 'K (ダスケ) / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]