忍者ブログ
セリエBで再出発を期すユベントスを、日本の片隅で応援するweblogです。WWEに関連するアイテムのまとめにも使います。
ブログ内検索
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
あなたのWebサイトにあった商品を表示、するらしい
Bianconeri's schedule 10-11
[H]ユベントスHOME/[A]ユベントスAWAY
10/08/30 バーリ [A]●0-1
10/09/12 サンプドリア [H]△3-3
10/09/19 ウディネーゼ [A]○0-4
10/09/23 パレルモ [H]●1-3
10/09/26 カリアリ [H]○4-2
10/10/03 インテル [A]△0-0
10/10/17 レッチェ [H]○4-0
10/10/24 ボローニャ [A]△0-0
10/10/31 ミラン [A]●1-2
10/11/07 チェゼーナ [H]○3-1
10/11/11 ブレシア [A]△1-1
10/11/14 ローマ [H]△1-1
10/11/21 ジェノア [A]○2-0
10/11/28 フィオレンティーナ [H]△1-1
10/12/05 カターニア [A]●1-3
10/12/12 ラツィオ [H]○2-1
10/12/19 キエーヴォ [A]△1-1
11/01/06 パルマ [H]●1-4
11/01/10 ナポリ [A]●3-0
11/01/16 バーリ [H]○2-1
11/01/23 サンプドリア [A]△0-0
11/01/31 ウディネーゼ[H]●1-2
11/02/03 パレルモ [A]●2-1
11/02/06 カリアリ [A]○1-3
11/02/14 インテル [H]○1-0
11/02/20 レッチェ [A]●2-0
11/02/27 ボローニャ [H]●0-2
11/03/06 ミラン [H]●0-1
11/03/13 チェゼーナ [A]△2-2
11/03/20 ブレシア [H]○2-1
11/04/03 ローマ [A]○0-2
11/04/10 ジェノア [H]○3-2
Bianconeri's schedule 09-10
Serie A 2009
08-23 JUV1-0Chievo
08-30 Roma1-3JUV
09-12 Lazio0-2JUV
09-19 JUV2-0Livorno
09-24 Genoa2-2JUV
09-27 JUV1-1Bologna
10-04 Palermo2-0JUV
10-17 JUV1-1Fiorentina
10-25 Siena0-1JUV
10-28 JUV5-1
10-31 JUV2-3Napori
11-07 Atalanta2-5JUV
11-22 JUV1-0Udinese
11-29 Cagliari2-0JUV
12-05 JUV2-1Inter
12-12 Bari3-1JUV
12-20 JUV1-2Catagna
01-06 Parma1-2JUV
01-10 JUV0-3AC Miran
01-17 Chievo0-1JUV
01-24 JUV1-2Roma
01-31 JUV1-1Lazio
02-07 Livorno1-1JUV
02-14 JUV3-2Genoa
02-18 EL Ajax1-2JUV
02-21 Bologna1-2JUV
02-25 EL JUV0-0Ajax
02-28 JUV0-2Palermo
03-07 Fiorentina1-2JUV
03-11 EL JUV3-1Fulham
03-14 JUV3-3Siena
03-18 EL Fulham4-1JUV
03-21 Sampdoria1-0JUV
03-25 Napoli3-1JUV
03-28 JUV2-1Atalanta
04-03 Udinese3-0JUV
04-11 JUV1-0Cagliari
04-16 Inter2-0JUV
04-25 JUV3-0Bari
05-02 Catania1-1JUV
05-09 JUV2-3Parma
05-15 Milan3-0JUV


UEFA Champions Legue
09-15 JUV1-1Bordeaux
09-30 Bayern0-0JUV
10-21 JUV1-0Maccabi Haifa
11-03 Maccabi Haifa0-1JUV
11-25 Bordeaux2-0JUV
12-08 JUV1-4Bayern
カウンター
2017/02/28 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/03/17 (Wed)

荒波にもまれる今季のユベントス事情からすこし離れて、CLの楽しい話題でも。

UEFA Champions League

2010-03-16_Stamford Bridge - London-  h.8:45 p.m
CHELSEA 0-1 INTER≫TOTAL1-3
st.34:Eto'o


チャンピオンズ・リーグの大注目試合を観ました。いやあ、おもしろかった。
なにがおもしろいって国別対抗戦の意味も持ち合わせているので、インテルやミランを心から応援できるということ。
レベルが高い、と言ってしまうとおしまいなんですけど、ハイスパート&ハイクオリティな試合は見ごたえありまくりです。アンチェロッティ対モウリーニョ、ドログバ対エトーといったわかりやすい構図もアリ。インテルではマイコンとサムエル、チェルシーではジルコフの動きが素晴らしかったです。
守備固めと云いつつMFにマテラッツィを送り出したり、試合終了の笛を前にロッカーへ引き上げたりする、気障ったらしさ爆発のモウリーニョにも痺れた! さすがはスペシャル・ワンを自称するお方です。

 

2010-03-16_Ramon Sanchez Pizjuan -Sevilla-  h.8:45 p.m
SEVILLA 1-2 CSKA MOSCOWTOTAL2-3
pt.38:Necid
pt.40:Perotti
st.19:Honda

そしてそして、CSKAの試合。
とにかく1アシスト1ゴールで存在感を強烈に示した本田につきます。Day of HONDA
おそらくマスコミで大々的に取り上げられるであろう決勝点の弾丸フリーキック。その迫力たるや! ロシア代表の10番ジャゴエフをベンチに追いやって得た出場機会を見事モノにしましたね!
国内リーグでの開幕戦ロスタイム決勝点に続いての活躍ですから、チーム内での信頼と内外の評価を確固たるレベルに押し上げたでしょう。
そんな中、レアル・マドリーに続いてセビージャも撃沈されたスペイン勢は、バルセロナに期待をのこすのみ。
いい傾向です。

'k ´ー`)<シュトゥットガルト戦の見どころは、あのモリナーロ対メッシですよね。マジで。
 

PR
2009/09/16 (Wed)

Champions League 2009
2009/09/15 19:45 CET
Stadio Olimpico - Torino
≪JUVENTUS 1-1 BORDEAUX≫


主審があのOvreboエブレベだー!
何か起こりそうな予感とともに観戦。雨中のタフな試合となりました。

以下試合メモ。普段に増して雑な点はおゆるしを。

開始早々に左サイドを突破され、あわや失点のシーン。この後、前半を通してユベントスはボルドーのペースに巻き込まれる。とくに焦燥が目立ったのはセバスティアン・ジョビンコ。ボールを落ち着かせることができず、すぐに縦へ出そうとする。マーカーを振り切って持ち込めればまた違った展開も作れるのだが、この日のセバは、とにかくボールを縦へ出すだけ。しかも動き方が前へ前へで、中盤とのつなぎがない。
それは、ボルドーがグルキュフ、シャマクの後ろからつねに3~4選手が飛び出してくるから可能な選択肢であって、君の仕事は中盤を押し上げる時間を作る(単騎突破をはかることも同義)でしょうと。結局ユベントスはバックラインからロングフィードを繰り返す、単調なゲームメイクを余儀なくされた。
(c)www.juventus
カモラネージと交代して以降、ようやく中盤での攻防が始まったことでも、セバが「彼が思うほどには試合を作れなかった」ことは明らか。

54分、イアキンタが左サイドからゴールへ突入。ボルドーGKセドリックと交錯しつつ、放ったシュートはファーへ外れる。しかしこの接触でボルドーGKはUlrich Ramé と交代。

62分、カンナバーロがセンターサークル付近からグラウンダーの強いパス。これがイアキンタへのロングスルーパスとなり、ようやく先制点!
(c)www.juventus
頼りになる男、Iaquinta Vincenzo!! カンナバーロの好判断もさすが!!

しかし無理がたたったか、直後に股関節を気にして交代したカンナバーロ。復帰したてのゼビナが右サイドに入り、カセレスがレグロッターリエのパートナーにシフトした。

74分。攻勢を緩めないボルドーはゴールを左手に睨む位置でFKを得る。グルキュフから放たれた鋭いボールは誰かの頭を経由して、ファーへ走り込んだプラシルの足先へ。同点に追いつかれる!
……っておい! プラシルは完全にオフサイドじゃねえか、このエブレベ!!

79分、チアゴが負傷を訴えてポウルセンと交代。いきなりGKと1対1のチャンスを得るも、シュートはクロスバーの上へ外れる。

ロスタイムは4分。
マルキジオが倒れたGKを越えるシュートを狙うも、クロスバーを叩く。このルーズボールに反応したポウルセンのシュートは、またしても枠の外。ああ……。

最大☆☆☆☆☆で攻守・監督を寸評
■オフェンス☆☆
○イアキンタ、マルキジオ、グロッソ、カモラネージ
×ジョビンコ、チアゴ、アマウリ、ポウルセン

・ジョビンコが足りない。ボールを奪われるし、流れに乗ってリズムを生みだせない。キックに力がないので、アクシデントも起こらず。アレ、ジエゴ不在というお膳立てが整った舞台でこの結果では、いくら出場機会を訴えてもファンは納得しまい。
・チアゴ、メロの存在感が異常に希薄だったのは、そこにボールが落ちてこないから。ボルドーの竜巻サッカーに付き合ったがために、中盤の攻防が省かれてしまった。
・アマウリが決定機をいかせないなあ……。
・リヨンの仇をトリノで返せ、とばかりにグロッソの集中力はよかった。
・メロのショートパスが弱い。芝の状態が悪い中で、あのポテポテパスは怖い。
・終了間際のマルキジオの狙いどころはよかった。決められれば憧れのランパード級だったんだけれど。
・ポウルセンは……あの短時間に同じような決定機を2度モノにできなかったのは痛い……。

■ディフェンス☆☆
◎ブッフォン、カンナバーロ
×ジョビンコ、チアゴ、カセレス

・開始早々のピンチをブッフォンの右手が救った。
・ボルドーの5アタッカーにきりきり舞いの中盤。強い雨で足元の悪さを考慮しても酷い。
・メロのカットは要所で光った。
・カンナバーロの離脱後、センターに入ったはずのカセレスがよくない。何がよくないって担当しているつもりの相手を見失いすぎ。
・ジョビンコはボールを奪われすぎて、ディフェンスに悪影響を与えたと判断する。

■チームマネージメント☆☆
・アレ、ジエゴの不在はやはり大きかった。こんな時にネドベドがいればと思わせる。
・ここにきてカンナバーロ、チアゴ、メロが負傷? とてもヤバイ。
・プラシルのゴール(オフサイド)に対して、もっと強烈に怒りのアピールが欲しかった。エブレベなら帳尻を合わせてくれたかもしれないのに……。
・監督対決としては、終始ブランにしてやられた格好か。とはいえ負傷者が続いて、本来のプランを捨てざるを得なかっただろうし、仕方ない面も強い。これでジョビンコも身の程を知っただろうし、扱いやすくなるんじゃないですかね。

■この日のスカッド(4-3-1-2)

   イアキンタ    アマウリ

      ジョビンコ
     (72'カモラネージ) 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 マルキジオ   メロ   チアゴ
           (79'ポウルセン) 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
グロッソ               カセレス
            
    カンナバーロ レグロッターリエ
  (66'ゼビナ)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ブッフォン


'k ´ー`)<ジエゴのサブはジョビンコではなくカモラネージでしたね……。あと、いればネドベド。そういう役割ですわね。この試合はちょっと残念な出来だったけれど……本当はアレ、ジエゴ、シソコ、サリハミジッチ、キエッリーニがいるから……は、半分は控え選手だからね!

ミラン戦のダイジェストを見たんですが、インザーギがドッピエッタかあ! しかもセードルフの技ありクロスをダイレクトに押し込んだかと思えば、2点目はデシャンが交代指示を与えている隙に掠め取る(しかもオフサイド)という、なんともらしい仕事。スーペル・ピッポ健在は嬉しい!

2009/08/28 (Fri)

UEFA Champions League 2009-2010
the Groups as drawn in Monaco:

Group A
Bayern Munich (Germany)
JUVENTUS
Girondins Bordeaux (France)
Maccabi Haifa (Israel)

Group B
Manchester United (England)
CSKA Moscow (Russia)
Besiktas (Turkey)
Wolfsburg (Germany)

Group C
Milan
Real Madrid (Spain)
Olympique Marseille (France)
FC Zurich (Switzerland)

Group D
Chelsea (England)
Porto (Portugal)
Atletico Madrid (Spain)
Apoel Nicosia (Cyprus)

Group E
Liverpool (England)
Olympique Lyon (France)
Fiorentina
Debreceni (Hungary)

Group F
Barcellona (Spain)
Inter
Dynamo Kiev (Ukraine)
Rubin Kazan (Russia)

Group G
Seville (Spain)
Glasgow Rangers (Scotland)
Stuttgart (Germany)
Unirea Urziceni (Romania)

Group H
Arsenal (England)
AZ Alkmaar (Holland)
Olympiacos (Greece)
Standard Liege (Belgium)

以上、組み合わせ抽選会の結果でした。
ユベントスはグループAでバイエルン、ボルドー、マッカビ・ハイファと対戦。まあ……順当にバイエルンと2強の組み合わせではないでしょうか?

問題は、グループCとグループF。Cではミランレアル・マドリーマルセイユ。Fではバルセロナインテルがいきなり激突です。ガットゥーゾ対C.ロナウド、パト対カカ、ラウール対モリエンテス、イブラヒモビッチ対エトー、などなどビッグな顔合わせを楽しめるわけですね。
ちなみに、マルセイユを率いているのはディディエ・デシャン。個人的には通過も狙える戦力ではないかな、と思ってます。2003-2004シーズンに、やはりモリエンテスを擁して躍進したモナコのように。

'k ´ー`)<毎年思うことだけれど、ぜったい操作してますよね……。おもしろいからいいけど。

2009/05/08 (Fri)

UEFA Champions League 2008
2009/05/06 20:45 CET
Stamford Bridge
CHEALSEA 1-1 BARCELONA

 アウェイゴールのアドバンテージにより、バルセロナが決勝進出。マンチェスター・ユナイテッドとローマでヨーロッパの覇権を争うことになった。
 と、ここまでは結果。それよりも内容について……主審をつとめたTom Henning Ovrebo氏(NOR)のレフェリングが物議をかもしておりますな。
 不可解なハンドのスルー裁定やオフサイドの誤審などについて、試合中・試合後を含めてテリー、バラック、ドログバらの猛抗議を受けていた模様。ドログバは暴言を問われて何らかの処分を受けそうだし、チェルシーのヒディンク監督からは「プレミア同士の決勝を避けたいUEFAが望んだカードなんでしょ」と危険な発言が飛び出したり、ボジングワに至っては「買収されたんだろ」なんて吐き捨てちゃったみたいです。バルセロナはとりあえず勝ったので、事を荒立てたくはない様子ですが。そもそも、バルセロナだって超絶不利な裁定を受けてます(1点ビハインドでアビダルにレッドカード)。とにかく、このエグレベ氏がすさまじく雑な判断を連発して、試合を台無しにしてしまった感は非常に強いですね。
(C)Goal.com
 で、このノルウェー産レフェリーの名前、どこかで聞いたような覚えがあると思ってググったら……。何のことはない、≪ノルウェー 審判≫で、うちのブログが1番手に引っ掛かりましたよ(笑)。2008年6月14日付けの当ブログで、この主審についてモノ申していたんですね。「好(よ)き試合には、良き審判が必要である 」を参照されたし。
 EURO2008のイタリア-ルーマニア戦でイタリアのゴールシーンを数多く打ち消し、1-1のドローに追い込んでくれた主審と同じ名前・同じ国籍ですよ!

“試合終了後、ブッフォンが主審に渋い表情で声をかけていた。さすがに酷すぎた。”
“まるで●収でもされているかのような試合さばきでした!!”

などと記しており。そう、今回の騒動とダブります
←このヒトがTom Henning Ovrebo(NOR)氏。

'k ´ー`)<たぶん同一人物だろうなあ……。EUROの録画ファイルを引っ張り出して確認してみようかしら。

2008/12/21 (Sun)

12/10
UEFA Champions League
Group:H

TORINO - Stadio Olimpico
HOME≪JUVENTUS 0-0 BATE≫AWAY

前回の対戦では2-2だった組み合わせ。
レッチェ戦に続いてアマウリのパートナーはジョビンコ。復帰したザネッティが先発しています。
52分のジョビンコのリゴーレ(PK)失敗がすべて。
ユニフォームの裾を噛んで悔しがったり、「よいパフォーマンスを示せた」などと納得している場合ではありませんよー。
(c)Goal.com
直後にデル・ピエロを投入されてしまったことの意味を、よく考えた方がよいてしょう。
一部のロマンチスト待望のデル・ピエロ&ジョビンコの2トップになったわけですが、BATEのディフェンスに対して高さという決め手を失うことにもなりました。結果、スコアレスドロー。
これといって見どころのない試合になってしまいました。
(c)Goal.com

■この日のスカッド

   ジョビンコ  アマウリ  
(87' エスポージト)(57' デル・ピエロ)    
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ネドベド         マルキオンニ
(91' ルカ)   
    ザネッティ デ・チェリエ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
モリナーロ           グリゲラ

    メルベリ レグロッターリエ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       マニンガー

------------------------------------------------------         
'k ´ー`)<グループ1位で通過はしたものの、どうもこのグループ自体のクオリティが低かったような気がしますね。

プロフィール
HN:
'K (ダスケ)
誕生日:
2019/02/24
職業:
ペンゴロ
趣味:
ごろごろ
自己紹介:
ぐーたらしながら青春を無為に過ごす。マルチェロ・リッピの信奉者で、ユーベも02-03シーズンが一番好き。選手の好みはエドガー・ダービッツ、パベル・ネドベド、ジェンナーロ・ガットゥーゾ、ファン・パブロ・ソリンなどダイナモ系。デル・ピエロは別格のアイドル。05-06シーズンは独ブンデスリーガのカイザースラウテルンに熱視線を送るも、あえなく降格の憂き目にあった。梅のしが大好物。
09-10結果&チーム内得点ランク
16勝7分14敗 勝ち点55(7位)
8:デル・ピエロ
7:トレゼゲ
6:イアキンタ
5:アマウリ、ジエゴ
3:メロ、キエッリーニ、マルキジオ
2:カモラネージ、サリハミジッチ、グロッソ、カンドレーヴァ
1:カセレス、ジョビンコ、レグロッターリエ
08-09結果&チーム内得点ランク
21勝11分6敗 勝ち点74(2位)
14:デル・ピエロ
12:アマウリ、イアキンタ
7:ネドベド
3:キエッリーニ、マルキジオ
2:ジョビンコ、メルベリ、グリゲラ、ザネッティ
1:マルキオンニ、カモラネージ、レグロッターリエ、ポウルセン、トレゼゲ、サリハミジッチ
07-08結果&チーム内得点ランク
20勝12分6敗 勝ち点72(3位)
21:デル・ピエロ(得点王)
20:トレゼゲ
8:イアキンタ
5:カモラネージ
4:サリハミジッチ
3:レグロッターリエ  :キエッリーニ
2:ネドベド  :パッラディーノ
1:マルキオンニ  :シソコ  :グリゲラ
06-07結果&チーム内得点ランク
42試合 勝ち点85(1位)
20 デル・ピエロ "リーグ得点王"
15 トレゼゲ
11 ネドベド
9  パッラディーノ
5 ボジノフ
4 サラジェタ
3 カモラネージ、キエッリーニ
2 ザネッティ
1 パーロ、デ・チェリエ、ビリンデッリ、バルザレッティ、マルキオンニ、ブームソン、ビアンコ
最新CM
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/10)
最新トラックバック
バーコード

ユベントスのセリエBあらためA!奮戦記/WWE温故知新
Blog Produce : 'K (ダスケ) / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]