忍者ブログ
セリエBで再出発を期すユベントスを、日本の片隅で応援するweblogです。WWEに関連するアイテムのまとめにも使います。
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
あなたのWebサイトにあった商品を表示、するらしい
Bianconeri's schedule 10-11
[H]ユベントスHOME/[A]ユベントスAWAY
10/08/30 バーリ [A]●0-1
10/09/12 サンプドリア [H]△3-3
10/09/19 ウディネーゼ [A]○0-4
10/09/23 パレルモ [H]●1-3
10/09/26 カリアリ [H]○4-2
10/10/03 インテル [A]△0-0
10/10/17 レッチェ [H]○4-0
10/10/24 ボローニャ [A]△0-0
10/10/31 ミラン [A]●1-2
10/11/07 チェゼーナ [H]○3-1
10/11/11 ブレシア [A]△1-1
10/11/14 ローマ [H]△1-1
10/11/21 ジェノア [A]○2-0
10/11/28 フィオレンティーナ [H]△1-1
10/12/05 カターニア [A]●1-3
10/12/12 ラツィオ [H]○2-1
10/12/19 キエーヴォ [A]△1-1
11/01/06 パルマ [H]●1-4
11/01/10 ナポリ [A]●3-0
11/01/16 バーリ [H]○2-1
11/01/23 サンプドリア [A]△0-0
11/01/31 ウディネーゼ[H]●1-2
11/02/03 パレルモ [A]●2-1
11/02/06 カリアリ [A]○1-3
11/02/14 インテル [H]○1-0
11/02/20 レッチェ [A]●2-0
11/02/27 ボローニャ [H]●0-2
11/03/06 ミラン [H]●0-1
11/03/13 チェゼーナ [A]△2-2
11/03/20 ブレシア [H]○2-1
11/04/03 ローマ [A]○0-2
11/04/10 ジェノア [H]○3-2
Bianconeri's schedule 09-10
Serie A 2009
08-23 JUV1-0Chievo
08-30 Roma1-3JUV
09-12 Lazio0-2JUV
09-19 JUV2-0Livorno
09-24 Genoa2-2JUV
09-27 JUV1-1Bologna
10-04 Palermo2-0JUV
10-17 JUV1-1Fiorentina
10-25 Siena0-1JUV
10-28 JUV5-1
10-31 JUV2-3Napori
11-07 Atalanta2-5JUV
11-22 JUV1-0Udinese
11-29 Cagliari2-0JUV
12-05 JUV2-1Inter
12-12 Bari3-1JUV
12-20 JUV1-2Catagna
01-06 Parma1-2JUV
01-10 JUV0-3AC Miran
01-17 Chievo0-1JUV
01-24 JUV1-2Roma
01-31 JUV1-1Lazio
02-07 Livorno1-1JUV
02-14 JUV3-2Genoa
02-18 EL Ajax1-2JUV
02-21 Bologna1-2JUV
02-25 EL JUV0-0Ajax
02-28 JUV0-2Palermo
03-07 Fiorentina1-2JUV
03-11 EL JUV3-1Fulham
03-14 JUV3-3Siena
03-18 EL Fulham4-1JUV
03-21 Sampdoria1-0JUV
03-25 Napoli3-1JUV
03-28 JUV2-1Atalanta
04-03 Udinese3-0JUV
04-11 JUV1-0Cagliari
04-16 Inter2-0JUV
04-25 JUV3-0Bari
05-02 Catania1-1JUV
05-09 JUV2-3Parma
05-15 Milan3-0JUV


UEFA Champions Legue
09-15 JUV1-1Bordeaux
09-30 Bayern0-0JUV
10-21 JUV1-0Maccabi Haifa
11-03 Maccabi Haifa0-1JUV
11-25 Bordeaux2-0JUV
12-08 JUV1-4Bayern
カウンター
2017/11/23 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/07/06 (Sun)
6/29 EURO2008 Austlia-Switzerland Finals
≪B2:Germany 0-1 D1:Spain ≫
32' F.トーレス


■総評
・サイドを押し通るドイツ対中央を挿し崩すスペイン。
・大会MVPはシャビ。しかしこの試合に限っては、MOMはセナだろう。サッカーの歴史が動くとき、たいがいブラジル人がいるわけだ……。 


↑得点につながったセナの判断。ハーフライン上でボールを持っているのがセナ。


↑ドイツ中盤の3人の真ん中を通してシャビにボールを届ける。


↑そしてトーレスへ。1枚目の場面で、サイドへ流したり無駄に溜めたりせず、躊躇無くシャビへ送ったセンスがすばらしいと思いませんか。

■スペイン寸評
・2列目に10番を4枚並べたプレイは、07-08アーセナルの完成形を観ているようだった。07-08アーセナルのCFがアデバヨールではなくF.トーレス、ベントナーではなくビジャ、GKがアルムニアではなくカシジャスだと考えれば、そのハイクオリティさがわかる。選手たちも、さぞ試合を楽しんだことだろう。
・ドイツの動きが重たく、圧力に欠けていたことも幸い。終始楽に試合を組み立てられた感。
・結果的にはイタリア戦が最大の死闘だった。トニの不発を恨まざるをえない。

■ドイツ寸評


・シルバーコレクター・バラック強行出場の時点で、「銀」フラグが立ちまくり。
・好試合はレーマンがミスしなかったおかげ。いつもは大舞台でこそポカをする人だが、この日はファインセーブを連発。そもそもクロアチアに蹴飛ばされてB組2位に甘んじたチームなのだから、準優勝はむしろ立派。
・狂気のトルコを組み伏せたことで、力を使い果たしていたのかもしれない。 

'k ´∀`)<攻撃的なスタイルのチームが多い印象のEUROでした。その急先鋒であるスペインの優勝は、何はともあれ、ハッピーエンドでしょうか。ユーベ&ローマ連合軍でのアズーリ快進撃を見たかったのですが……。ドナドーニがトニを選択した以上、語っても詮無いですからね。
PR
2008/06/23 (Mon)

6/22
EURO2008 Austlia-Switzerland
Quarter-Finals


≪D1:Spain  0-0  C2:Italy≫
  PK ○SPA 4-2 ITA×
 ビジャ   ○○   グロッソ
 カソレラ  ○×   デ・ロッシ
 セナ    ○○   カモラネージ
 グイサ    ××   ディ・ナターレ
 セスク   ○


■総評(WOWOWに対抗してイタリア寄り
・トニ、最後まで不発。ドナドーニの限界。
⇒仏ドメネク監督(アンリに固執)同様に、トニと心中した格好。
⇒ボリエッロ、クアリアレッラを投入する余裕は、なかった模様。ドナドーニが"頼れる" ジョーカーとして、インザーギがいれば、と思わされた。
・ピルロ不在をカバーする術はなかったのか?
⇒後半29分、カッサーノout/ディ・ナターレinの選択。ここでデル・ピエロを投入していれば、後のFKチャンスをより活かせたのでは……。
・キエッリーニが奮闘。スペインの強力2トップを0封してみせた。カンナバーロ、マテラッツィの不在を感じさせなかった。カンナバーロに怪我を負わせてしまったことで、覚醒したか。この成長はイタリアにとって大収穫となるはず。
・そもそも、このEUROは新米監督&要のDF欠員で臨んだ上に、この準々決勝では、絶対のゲームメイカーであるピルロを欠いた状態。よくぞ、ここまで楽しませてくれました。選手の皆さんお疲れ様でした。ドナドーニには、この路線を継続してもらいたい。
・寸評はあらためて追記。

■この試合の先発と交代選手(イタリア)
     カッサーノ   トニ 
  (73'ディ・ナターレ)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ペッロッタ
       (57'カモラネージ)
アンブロジーニ  デ・ロッシ   アクィラーニ           
               (107'デル・ピエロ)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
グロッソ            ザンブロッタ
     キエッリーニ パヌッチ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ブッフォン

3選手交代後
  デル・ピエロ  トニ  ディ・ナターレ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    デ・ロッシ   カモラネージ
       アンブロジーニ         
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
グロッソ            ザンブロッタ
     キエッリーニ パヌッチ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ブッフォン

■この試合の先発と交代選手(スペイン)
     ビジャ  F.トーレス
         (84'グイサ)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
シルバ              イニエスタ
                (58'カソレラ)
       シャビ  セナ
      (58'セスク)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
カプテビラ              S.ラモス
      マルチェナ  プジョル
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          カシジャス



'k ´∀`)b <キエッリーニGood Job! ブッフォンは最後までGreat! カモラネージもNice Game! プレイ時間が少なかったけど、やはりデル・ピエロはElegant! 
来季のユベントスでも活躍を期待しています!!

2008/06/22 (Sun)

6/21
EURO2008 Austlia-Switzerland
Quarter-Finals

≪C1:Netherlands 1-3 D2:Russia
56'  セマク⇒パブリチェンコ
86'  V.ニステルローイ
112'   トルビンスキー
116'   アルシャビン

■総評
・オランダが勝っても、ロシアが勝ってもおかしくなかった。ゴールの差は運の差ただしそのような互角の試合に持ち込んだ(持ち込まれた)のは、監督の差。計画と対応力の差。
 ⇒先制したヒディンクは、納得のガッツポーズ。同点に追いついたバステンは「うわー、やったよ、うわー」。
・個人主義から発する他者依存の弊害と、全体主義の差。
・「エンヘラールの後ろへボールを展開する」。エンヘラールを無効にするための戦術を志向したロシア。
・前半の拮抗の原因に至らなかったのか、バステンは右サイドで守備にも奮闘するカイトを下げ、より攻撃的なV.ペルシに代えた。これによって、ますますロシアはペースを握りやすくなった。
ヘイティンガ、きりきり舞い。

■オランダ寸評
・◎エンヘラール、○デル・ファールト、×ブーラルーズ、ヘイティンガ
・ロシアの攻守の基準点になっていたエンヘラールを下げた。このことは間違いではないだろう。
 ⇒ただし、ヒディンクがすぐさま対応。中盤に手数をかけられ、かえって攻勢を強められる結果に。
 ⇒エンヘラールのポジションを上げて、パワープレイに使う手もあったのでは。
・先制されてからというもの、オランダのサポーターが声と動きを止めてしまった。摘み取られて青果売り場に陳列されたオレンジのように見えた。
・この敗戦を理由に、4-3-3へ揺り戻されてしまうのかもしれない。そうなれば、オランダの進化はまた遅れる。

■ロシア寸評
・オランダの4-2-3-1に対して、ロシアは守備時3-4-1-2を敷いた。ニステルに2DFが、2列めの3人に対して4枚で対応。技術で勝るオランダに対して、かならず数的優位を保つようにしたわけだ。
 ⇒しかも、オランダの2列めは、皆中央を主戦場とする10番タイプ。ロシアとしては、たいへん守りやすい。
 ⇒だからこそ、なおさら純正ウインガーのロッベンが効いたはずだと思うのだが……。
・アルシャビンのパフォーマンスが抜群。オランダの緩い両サイドを切り裂いた。
・ヒディンクは相変わらず「敵のサッカーを潰す手練手管」に長けたペテン師(誉め言葉)。

'k ´ー`)<振り返って、オランダのピークは緒戦だったということ、なのでしょう。

2008/06/21 (Sat)

6/21
EURO2008 Austlia-Switzerland
Quarter-Finals

≪B1:Croatia 1-1 A2:Turkey
118'  モドリッチ⇒クラスニッチ
120'+2 セミフ

PK ×CRO 1-3 TUR○
モドリッチ  ×○   アルダ
スルナ    ○○   セミフ
ラキティッチ ×○   H.アルティントップ
ペトリッチ   ×

■総評
・この日の主役は巧拙両面でトルコGKリュシュトゥ。飛び出しすぎ。
・絶体絶命からの逆転。いつのまにか、トルコが「主人公チーム」になっている。
・両軍実にコンパクト。誰もがさぼらず参加した、美しい試合。全体のペースはクロアチアのものだった。
・延長後半残り1分で得点されたにも関わらず、ロスタイム1分で同点に追いつくって……。トルコ、ありえない
・PK戦に持ち込まれた時点で、クロアチアは茫然自失。戦意が折れていた感。しかし、誰も責められまい。
・モドリッチはすばらしい。でも、相当の暴れ馬だ。
・トルコではトゥンジャイ目立つ。セミフと代わったニハトの状態が気になるところ。
・ビリッチ監督はトルコの最後の攻撃を寸断するために選手交代の手続きをとっていたが……。リュシュトゥが空気を読まずフィードした。あのタフさはすごい。
・準決勝ではドイツGKレーマンとリュシュトゥのSSGK(スーパー・スリリング・ゴールキーパー)対決が見もの。
・寸評はあらためて追記するかもしれない。

'k ´ー`)<延長残り2分からの、天国と地獄の移り変わりが残酷すぎる。クロアチアの選手は、「え? 勝ったよね? なんで俺たち、PK戦やってるの……?」という気持ちだったろうなあ。

2008/06/20 (Fri)

6/20
EURO2008 Austlia-Switzerland
Quarter-Finals

≪A1:Portgal 2-3 B2:Germany
20' ポドルスキ⇒シュバインシュタイガー
26' シュバインシュタイガー(FK ⇒クローゼ
40' ヌーノ・ゴメス
61' シュバインシュタイガー(FK ⇒バラック
87' ナニ⇒ポスチガ

■総評
・「デカさ」は「強さ」。パワーゲームの結果。
チェルスキーVSチェルスキーの視点で観てもおもしろい。
ポーランドイツ強い(ポドルスキ、クローゼらはポーランド系)。
・今日のレーマンはミスしなかった
・寸評はあらためて追記するかもしれない。

'k ´ー`)<最後までおもしろかった! バラックによる3点目は、競ったカルバリョが簡単に負けすぎでしょう。

プロフィール
HN:
'K (ダスケ)
誕生日:
2019/02/24
職業:
ペンゴロ
趣味:
ごろごろ
自己紹介:
ぐーたらしながら青春を無為に過ごす。マルチェロ・リッピの信奉者で、ユーベも02-03シーズンが一番好き。選手の好みはエドガー・ダービッツ、パベル・ネドベド、ジェンナーロ・ガットゥーゾ、ファン・パブロ・ソリンなどダイナモ系。デル・ピエロは別格のアイドル。05-06シーズンは独ブンデスリーガのカイザースラウテルンに熱視線を送るも、あえなく降格の憂き目にあった。梅のしが大好物。
09-10結果&チーム内得点ランク
16勝7分14敗 勝ち点55(7位)
8:デル・ピエロ
7:トレゼゲ
6:イアキンタ
5:アマウリ、ジエゴ
3:メロ、キエッリーニ、マルキジオ
2:カモラネージ、サリハミジッチ、グロッソ、カンドレーヴァ
1:カセレス、ジョビンコ、レグロッターリエ
08-09結果&チーム内得点ランク
21勝11分6敗 勝ち点74(2位)
14:デル・ピエロ
12:アマウリ、イアキンタ
7:ネドベド
3:キエッリーニ、マルキジオ
2:ジョビンコ、メルベリ、グリゲラ、ザネッティ
1:マルキオンニ、カモラネージ、レグロッターリエ、ポウルセン、トレゼゲ、サリハミジッチ
07-08結果&チーム内得点ランク
20勝12分6敗 勝ち点72(3位)
21:デル・ピエロ(得点王)
20:トレゼゲ
8:イアキンタ
5:カモラネージ
4:サリハミジッチ
3:レグロッターリエ  :キエッリーニ
2:ネドベド  :パッラディーノ
1:マルキオンニ  :シソコ  :グリゲラ
06-07結果&チーム内得点ランク
42試合 勝ち点85(1位)
20 デル・ピエロ "リーグ得点王"
15 トレゼゲ
11 ネドベド
9  パッラディーノ
5 ボジノフ
4 サラジェタ
3 カモラネージ、キエッリーニ
2 ザネッティ
1 パーロ、デ・チェリエ、ビリンデッリ、バルザレッティ、マルキオンニ、ブームソン、ビアンコ
最新CM
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/10)
最新トラックバック
バーコード

ユベントスのセリエBあらためA!奮戦記/WWE温故知新
Blog Produce : 'K (ダスケ) / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]