忍者ブログ
セリエBで再出発を期すユベントスを、日本の片隅で応援するweblogです。WWEに関連するアイテムのまとめにも使います。
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
あなたのWebサイトにあった商品を表示、するらしい
Bianconeri's schedule 10-11
[H]ユベントスHOME/[A]ユベントスAWAY
10/08/30 バーリ [A]●0-1
10/09/12 サンプドリア [H]△3-3
10/09/19 ウディネーゼ [A]○0-4
10/09/23 パレルモ [H]●1-3
10/09/26 カリアリ [H]○4-2
10/10/03 インテル [A]△0-0
10/10/17 レッチェ [H]○4-0
10/10/24 ボローニャ [A]△0-0
10/10/31 ミラン [A]●1-2
10/11/07 チェゼーナ [H]○3-1
10/11/11 ブレシア [A]△1-1
10/11/14 ローマ [H]△1-1
10/11/21 ジェノア [A]○2-0
10/11/28 フィオレンティーナ [H]△1-1
10/12/05 カターニア [A]●1-3
10/12/12 ラツィオ [H]○2-1
10/12/19 キエーヴォ [A]△1-1
11/01/06 パルマ [H]●1-4
11/01/10 ナポリ [A]●3-0
11/01/16 バーリ [H]○2-1
11/01/23 サンプドリア [A]△0-0
11/01/31 ウディネーゼ[H]●1-2
11/02/03 パレルモ [A]●2-1
11/02/06 カリアリ [A]○1-3
11/02/14 インテル [H]○1-0
11/02/20 レッチェ [A]●2-0
11/02/27 ボローニャ [H]●0-2
11/03/06 ミラン [H]●0-1
11/03/13 チェゼーナ [A]△2-2
11/03/20 ブレシア [H]○2-1
11/04/03 ローマ [A]○0-2
11/04/10 ジェノア [H]○3-2
Bianconeri's schedule 09-10
Serie A 2009
08-23 JUV1-0Chievo
08-30 Roma1-3JUV
09-12 Lazio0-2JUV
09-19 JUV2-0Livorno
09-24 Genoa2-2JUV
09-27 JUV1-1Bologna
10-04 Palermo2-0JUV
10-17 JUV1-1Fiorentina
10-25 Siena0-1JUV
10-28 JUV5-1
10-31 JUV2-3Napori
11-07 Atalanta2-5JUV
11-22 JUV1-0Udinese
11-29 Cagliari2-0JUV
12-05 JUV2-1Inter
12-12 Bari3-1JUV
12-20 JUV1-2Catagna
01-06 Parma1-2JUV
01-10 JUV0-3AC Miran
01-17 Chievo0-1JUV
01-24 JUV1-2Roma
01-31 JUV1-1Lazio
02-07 Livorno1-1JUV
02-14 JUV3-2Genoa
02-18 EL Ajax1-2JUV
02-21 Bologna1-2JUV
02-25 EL JUV0-0Ajax
02-28 JUV0-2Palermo
03-07 Fiorentina1-2JUV
03-11 EL JUV3-1Fulham
03-14 JUV3-3Siena
03-18 EL Fulham4-1JUV
03-21 Sampdoria1-0JUV
03-25 Napoli3-1JUV
03-28 JUV2-1Atalanta
04-03 Udinese3-0JUV
04-11 JUV1-0Cagliari
04-16 Inter2-0JUV
04-25 JUV3-0Bari
05-02 Catania1-1JUV
05-09 JUV2-3Parma
05-15 Milan3-0JUV


UEFA Champions Legue
09-15 JUV1-1Bordeaux
09-30 Bayern0-0JUV
10-21 JUV1-0Maccabi Haifa
11-03 Maccabi Haifa0-1JUV
11-25 Bordeaux2-0JUV
12-08 JUV1-4Bayern
カウンター
2017/05/28 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/08/30 (Sun)
ユベントスと今季のスクデットを争うであろう、ミラノの2チームが直接対決。日本時間3時50分の開始とはいえ、コレは見逃せない試合。アーセナルとマンUの試合を横目にしながら待ち構えていたわけですよ。そしたら……。

↑当日朝のガゼッタ1面。

8/29_Stadio San Siro - Milano
Domenica 29 Agosto 2009 - h. 19:45
≪AC MILAN 0-4 INTER MILANO≫


史上タイの得失点差でインテルの大勝ですよ!

この試合で見るべきところといえば、ミリートとモッタのジェノア・ライン(あえてこう呼びたい)。モッタ→ミリート→モッタとつないだ先制点は実に美しかったし、2アシスト&1PKで3得点に絡んだミリートは、エトーとも効果的な連携を見せていました。カルチョ贔屓としては、そろそろCLでの躍進も期待したいところ。

一方、負けたミランは内容が酷くて……。39分にイエロー2枚で退場してしまった、ガットゥーゾが槍玉にあげられるのでしょう。しかし、そもそも18分前後から負傷をアピールしていて、35分にはエトーのスピードに対応できずPKを献上、そのうえで自ら交代を要求しているのに、ベンチでは誰も交代の準備が済んでおらず、結局プレイに戻り……。といった流れがあるので、ガットゥーゾを責めるのはかわいそう。そもそもコンディションのよくない彼を先発させたことも含めて、完全にチームマネージメントの失敗です。ロナウジーニョは相変わらずワンタッチパスばかりで動きゃしないし。

それにしても、レアル・マドリーから渡伊したばかりのシュナイデルに10番を与え、トレクァルティスタで起用したジョゼ・モウリーニョのしたたかさったら。彼が活躍すればジョゼの英断。失敗しても言い訳はいくらでも立ちますからね。試合前にはミラン優位の雰囲気を作りましたし、政治的にも圧勝でしたね。レオナルドは何もできなかったなあ。

試合後、多くのミラニスタが叫んだことでしょう。
「ベッカム、早く(戻って)来てくれーッ!!!!!」

'k ´ー`)<なんていうかね……。これが、あのACミランなのか、という……。カルチョ・スキャンダルの業なのかもしれません。
PR
2009/06/15 (Mon)

 すごいなあ、世界的な不況の中で、ペレスが示す貪欲さは見習うべきかもしらん。
 C.ロナウド君まで買っちゃいましたよ。

 これで噂されているビジャ、イブラのどちらか(あるいは両方)が加わるとしたら、来季のレアル・マドリーの攻撃陣てのは、どこかの国家予算規模ですな(笑)。

 で、玉突きの順番はミランとマンUに移ったわけですが……。まだ、ミランがアリ・シソコを獲得したくらいですね。マンUは7番どうするのかなあ。ルーニーに譲るのか、ベッカムを呼び戻すか(笑)。

 そのイブラヒモビッチことズラタンの後を埋める候補として、ガゼッタはエトー、アグエロ、ベンゼマを挙げています。一番見たいのはアグエロだけど、モウリーニョがプリマプンテとして求めるタイプではないと思うなあ。
ただ、モウリーニョ・インテルはズラタンの個人能力に頼った印象が強いので、来季は智将の神髄を見せてほしいところ。そのピースとしてアグエロを欲しているのだとすれば、おもしろい。

'k ´ー`)<ベッカム自身は「ミランでプレーする」と口にしているみたいですね……。You、海を飛び越えてマンUに復帰しちゃいなよ!

2009/06/10 (Wed)
 珍しく余所のチームの話を。

 Kaka'……Ricardo Izecson Dos Santos Leite、つまりミランのカカが、レアル・マドリーのカカになってしまいましたね。ピルロもアンチェロッティを追うようにチェルシー行きが濃厚だとか。 ライバルの弱体化は、ひるがえって自チーム、リーグの弱体化につながりますから、あまり歓迎できるニュースではありません。インテルのズラタンも海外に旅立つようですし(エトーとトレード?)、セリエAの老齢化がますます進みそうです。
 彼らに匹敵するようなタレントを、セリエAでも獲得してほしいものですが……。余裕があるのはインテル、ミラン、ユベントスくらいでしょうか。とくにミランはカカとピルロの売却で潤沢な補強資金を手にすることになりますから、期待は持てます。が、あそこはオーナーの頭の中が「吾輩の提案する戦術で試合しろ。ロナウジーニョ使え」だからなあ……。

'k ´ー`)<ベッカムがLAギャラクシーに戻らず、ミランに完全移籍すれば、大物が次々と去っていく雲行きも変わるんですが……。ともあれ目玉の選手が動き出した移籍市場、いよいよ本番ですね。
2006/12/14 (Thu)
スカパーのセリエAダイジェストを見ていたら、10日のアタランタ-メッシーナ戦が目についたのでメモ。67分にドニが決めたバイシクルシュートが美しすぎ! 右サイドからのクロスを胸トラップして頭上高く跳ね上げて、右脚をを伸ばした見事なシュート。いわゆる『キャプテン翼』のオーバーヘッドキックですよ。ドニはセリエAで1シーズン16得点を挙げたこともある、稀有な得点能力を備えた左MF。年齢的にはユーベのデル・ピエロと同年代の33歳。デビューはセリエCのモデナ。次いでセリエBのリミニへ移籍、以後ピストイェーゼ、ブレシア、アタランタ、サンプドリア、マジョルカと昇格・降格の浮沈がかかるクラブを渡り歩いて今シーズンはアタランタに復帰。一度メガクラブで雄姿を見たかった選手のひとり。こういう不遇の才能が輝くと、本当にかっこいい。いやホント、ジェラードやランパードみたいにメガクラブの中核を担える素材だったと思うんだよね……。来期ネドベドとローテーションなんてどうか? たぶんあと2年は動けるはず!

k ´ー`) ユベントス-ヴェローナ戦のダイジェストも放映されてました! カモラネージのヘッドはパッラディーノがゴールエリア内でクロスを上げたんですね~。冷静な判断力を見せたパッラディーノに好印象。
2006/08/10 (Thu)

イブラヒモビッチのインテル移籍が確定した模様。
http://www.juventus.com/it/news/detail.aspx?lml_
language_id=0&trs_id=1203000&ID=8363
  (juve公式)
http://www.sportnews.it/articoli/2006/08/10/moratti_si
_regala_un_altro_gioiello_ibrahimovic_e_dell_inter_
963148.php
(sports.it)

今夏のモラッティは、いい意味で似合わない買い物をしているなぁ。マクスウェル、ダクール、マイコン、グロッソのときは「いつもながらの補強だなあ」と思っていたけど(その後W杯でグロッソ株急騰)、ヴィエラ、クレスポ、イブラヒモビッチと真のワールドクラスを揃え始めた。

↑ クレスポ  イブラヒモビッチ ↑
    (クルス) (マルティンス)
スタンコビッチ(レコバ)フィーゴ
(セーザル)  
   カンビアッソ ヴィエラ
  (ダクール、ダビド・ピサロ)
グロッソ         サネッティ
(マクスウェル)    (マイコン)
マテラッツィorサムエルorコルドバ
      J.セーザル

ううーん。いいなあ。とくに両サイドバックの充実がすばらしい。マンチーニ監督は4-4-2信奉者だから基本はそれとして、レコバをトレクァルティスタに置く4-3-1-2も見たい。あとは右サイドにカモラネージあたりを補強すればスクデット連覇(笑)へ期待大ですね。
となると、アドリアーノはサブ要員というか、放出リストに載るなあ。そんなわけでマンチェスターUがご執心らしい。
http://www.sportnews.it/articoli/2006/08/09/il_manchester_united_
vuole_fare_una_follia_per_adriano_961984.php

ただでさえルー二ー、Cロナウド、スミスと荒れ味な若者ばかりなのに、これ以上爆弾抱え込んでどうするんだ、という気がするけど。

プロフィール
HN:
'K (ダスケ)
誕生日:
2019/02/24
職業:
ペンゴロ
趣味:
ごろごろ
自己紹介:
ぐーたらしながら青春を無為に過ごす。マルチェロ・リッピの信奉者で、ユーベも02-03シーズンが一番好き。選手の好みはエドガー・ダービッツ、パベル・ネドベド、ジェンナーロ・ガットゥーゾ、ファン・パブロ・ソリンなどダイナモ系。デル・ピエロは別格のアイドル。05-06シーズンは独ブンデスリーガのカイザースラウテルンに熱視線を送るも、あえなく降格の憂き目にあった。梅のしが大好物。
09-10結果&チーム内得点ランク
16勝7分14敗 勝ち点55(7位)
8:デル・ピエロ
7:トレゼゲ
6:イアキンタ
5:アマウリ、ジエゴ
3:メロ、キエッリーニ、マルキジオ
2:カモラネージ、サリハミジッチ、グロッソ、カンドレーヴァ
1:カセレス、ジョビンコ、レグロッターリエ
08-09結果&チーム内得点ランク
21勝11分6敗 勝ち点74(2位)
14:デル・ピエロ
12:アマウリ、イアキンタ
7:ネドベド
3:キエッリーニ、マルキジオ
2:ジョビンコ、メルベリ、グリゲラ、ザネッティ
1:マルキオンニ、カモラネージ、レグロッターリエ、ポウルセン、トレゼゲ、サリハミジッチ
07-08結果&チーム内得点ランク
20勝12分6敗 勝ち点72(3位)
21:デル・ピエロ(得点王)
20:トレゼゲ
8:イアキンタ
5:カモラネージ
4:サリハミジッチ
3:レグロッターリエ  :キエッリーニ
2:ネドベド  :パッラディーノ
1:マルキオンニ  :シソコ  :グリゲラ
06-07結果&チーム内得点ランク
42試合 勝ち点85(1位)
20 デル・ピエロ "リーグ得点王"
15 トレゼゲ
11 ネドベド
9  パッラディーノ
5 ボジノフ
4 サラジェタ
3 カモラネージ、キエッリーニ
2 ザネッティ
1 パーロ、デ・チェリエ、ビリンデッリ、バルザレッティ、マルキオンニ、ブームソン、ビアンコ
最新CM
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/10)
最新トラックバック
バーコード

ユベントスのセリエBあらためA!奮戦記/WWE温故知新
Blog Produce : 'K (ダスケ) / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]