忍者ブログ
セリエBで再出発を期すユベントスを、日本の片隅で応援するweblogです。WWEに関連するアイテムのまとめにも使います。
ブログ内検索
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
あなたのWebサイトにあった商品を表示、するらしい
Bianconeri's schedule 10-11
[H]ユベントスHOME/[A]ユベントスAWAY
10/08/30 バーリ [A]●0-1
10/09/12 サンプドリア [H]△3-3
10/09/19 ウディネーゼ [A]○0-4
10/09/23 パレルモ [H]●1-3
10/09/26 カリアリ [H]○4-2
10/10/03 インテル [A]△0-0
10/10/17 レッチェ [H]○4-0
10/10/24 ボローニャ [A]△0-0
10/10/31 ミラン [A]●1-2
10/11/07 チェゼーナ [H]○3-1
10/11/11 ブレシア [A]△1-1
10/11/14 ローマ [H]△1-1
10/11/21 ジェノア [A]○2-0
10/11/28 フィオレンティーナ [H]△1-1
10/12/05 カターニア [A]●1-3
10/12/12 ラツィオ [H]○2-1
10/12/19 キエーヴォ [A]△1-1
11/01/06 パルマ [H]●1-4
11/01/10 ナポリ [A]●3-0
11/01/16 バーリ [H]○2-1
11/01/23 サンプドリア [A]△0-0
11/01/31 ウディネーゼ[H]●1-2
11/02/03 パレルモ [A]●2-1
11/02/06 カリアリ [A]○1-3
11/02/14 インテル [H]○1-0
11/02/20 レッチェ [A]●2-0
11/02/27 ボローニャ [H]●0-2
11/03/06 ミラン [H]●0-1
11/03/13 チェゼーナ [A]△2-2
11/03/20 ブレシア [H]○2-1
11/04/03 ローマ [A]○0-2
11/04/10 ジェノア [H]○3-2
Bianconeri's schedule 09-10
Serie A 2009
08-23 JUV1-0Chievo
08-30 Roma1-3JUV
09-12 Lazio0-2JUV
09-19 JUV2-0Livorno
09-24 Genoa2-2JUV
09-27 JUV1-1Bologna
10-04 Palermo2-0JUV
10-17 JUV1-1Fiorentina
10-25 Siena0-1JUV
10-28 JUV5-1
10-31 JUV2-3Napori
11-07 Atalanta2-5JUV
11-22 JUV1-0Udinese
11-29 Cagliari2-0JUV
12-05 JUV2-1Inter
12-12 Bari3-1JUV
12-20 JUV1-2Catagna
01-06 Parma1-2JUV
01-10 JUV0-3AC Miran
01-17 Chievo0-1JUV
01-24 JUV1-2Roma
01-31 JUV1-1Lazio
02-07 Livorno1-1JUV
02-14 JUV3-2Genoa
02-18 EL Ajax1-2JUV
02-21 Bologna1-2JUV
02-25 EL JUV0-0Ajax
02-28 JUV0-2Palermo
03-07 Fiorentina1-2JUV
03-11 EL JUV3-1Fulham
03-14 JUV3-3Siena
03-18 EL Fulham4-1JUV
03-21 Sampdoria1-0JUV
03-25 Napoli3-1JUV
03-28 JUV2-1Atalanta
04-03 Udinese3-0JUV
04-11 JUV1-0Cagliari
04-16 Inter2-0JUV
04-25 JUV3-0Bari
05-02 Catania1-1JUV
05-09 JUV2-3Parma
05-15 Milan3-0JUV


UEFA Champions Legue
09-15 JUV1-1Bordeaux
09-30 Bayern0-0JUV
10-21 JUV1-0Maccabi Haifa
11-03 Maccabi Haifa0-1JUV
11-25 Bordeaux2-0JUV
12-08 JUV1-4Bayern
カウンター
2019/09/22 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/06/21 (Mon)
言葉は悪いんですが、ニュージーランドってオーストラリアの出来損ないだろ、という印象があったんですよ、昔から。今回イタリアと対戦する機会に、ウィキペディアを覗いてみると、立憲君主制国家ですって! 国王様がいるんですよ。引用すると「ニュージーランド国王は連合王国国王(イギリス国王)と同一人物」だといいますから、つまりイギリス連邦の一国であり、首長はエリザベス女王なんですねー! ……やっぱりオーストラリアの出来損ないでした。
マオリやサモア、いわゆるポリネシア系の血が混ざっているせいか、とにかくデカい選手ばかり。これがゴール前に人垣を作るんですから、そんじょそこらの攻撃は跳ね返されてしまいます。そんなニュージーとの試合。

当日のガゼッタ1面。カッサーノ結婚したんですね。おめでとう!2014年は頼むぜ。

結果は1-1。
初戦同様、ジラルディーノの消えているシーンが多い印象。しかもニュージー相手に競り負けますから余計に。
イタリアの失点シーンはカンナバーロもそうですが、マルケッティの反応もいただけなかった感強し。要はオランダ戦での日本GK川島と同じことです。あとイタリアにはアジリティの高い、状況に変化を起こせる選手がいないというウィーク・ポイントが、如実に明るみにでたかな、と。後半膠着してきたタイミングで、カッサーノがいればな……と思ったファンは少なくないはずです。
これでグループリーグを自力突破するためには、スロバキア戦での勝利が絶対不可欠になりましたが、さて-(パラグアイの対ニュージー勝利を前提にすると、スロバキアに引き分けでもOKなんですが)。試合展開等々、次の試合までにまとめておこうと思います。
PR
2010/06/20 (Sun)

FIFA World Cup 2010-06-15_Cape Town Stadium - Cape Town -  h.3:30 p.m
≪ITALY 1-1 PARAGUAY≫
39' Alcaraz
63' De Rossi



イタリアの布陣は、開幕直前の親善試合(対メキシコ、6月3日)からこだわっていた4-2-3-1。メキシコには1-2で負けてましたけれど、頑固に押し通してきました。負傷中のピルロの代役はモントリーヴォ。
2006年ドイツW杯で大ヒットした、イアキンタの右ウイング起用にもいまだ執着(笑)。重量級のサイドアタッカーという考え方は個人的に大好きなんですが、現地で古臭い爺さん呼ばわりされるわけもよくわかります。

■試合展開
試合をコントロールしたのは、終始パラグアイだった感。攻め立てたのはイタリアでしょうけれど、堅固な守備組織を前に、ゴールを崩すまでにはいたりませんでしたからね。そうこうしている間に、遠目からのFKをアルカレスのヘッドで押し込まれてしまいました。先制されて折り返す展開。幸先悪くイタリアはGKブッフォンが腰痛で離脱。後半から急遽マルケッティが出場します。
難航する中央からの崩しを諦めたか、59分にマルキジオout、カモラネージin。サイドを使う4-4-2へシフトします。これが奏功したのか、63分にコーナーキックを得て、ペペのクロスをパラグアイGKが後逸。これをデ・ロッシが押し込んで同点としました。うーん、やっぱりリッピ式の4-2-3-1はピルロ有りきなんでしょうか。

フランス、イングランド、スペインなどが苦しんでいる今大会。
伝統的にスロースターターのイタリアにとって、初戦パラグアイ相手に勝ち点1分けは上々の滑り出しに思えます。それよりも何よりも、日本がリーグを2位突破すると、イタリアと激突する可能性があることが嬉しいですね。

最大☆☆☆☆☆で攻守・監督を寸評
■オフェンス☆☆

○ペペ カモラネージと連動して両サイドを自由に動く。来季のユベントスでの活躍にも期待できそう
×マルキジオ パラグアイに封じられたか、目立つシーンなし
×カモラネージ ラフプレーの癖が痛い。70分にイエローカードを献上
■ディフェンス☆☆
△ザンブロッタ もっと劣化していると思っていた。思いのほか謙虚な働きに安定感
■チームマネージメント☆☆
良くいえばいつも通り、悪くいえば変化に乏しい内容。初めから4-4-2にすればいいのに。

■この日のスカッド(4-2-3-1)

    ジラルディーノ
    (72'ディ・ナターレ)
ペペ         イアキンタ
:::::::::::::::::::::::::::::::::
     マルキジオ
     (59'カモラネージ)
   デ・ロッシ モントリーヴォ
:::::::::::::::::::::::::::::::::
クリッシト        ザンブロッタ
   キエッリーニ カンナバーロ
:::::::::::::::::::::::::::::::::
     ブッフォン
     (46'マルケッティ)
     
'k ´ー`)<20日のニュージーランド戦は勝利必須。また4-2-3-1でスタートするなら、パッツィーニとパロンボのサンプドリアラインを起用してくれないかしら。
     パッツィーニ
ディ・ナターレ、デ・ロッシ、ペペ
  パロンボ&モントリーヴォ(マルキジオ)
みたいな面子を見てみたい。後半にはクアリアレッラを投入するとかね。せっかくの飛び道具、持ち腐れはもったいないにゃー。

2010/06/15 (Tue)

連覇を目指してイタリアの初戦は対パラグアイ!
世間ではタレントがいないとかロートル軍団だとかヘタリアだとか第二勢力以下の扱いですけれども、ジラルディーノにディ・ナターレ、パッツィーニをはじめ、デ・ロッシ、モントリーヴォと駒は悪くありません。むしろ他国が羨む面子は揃っています。そこにマルキジオ、イアキンタ、ペペ(来季加入)、カンナバーロ(来季離脱)、カモラネージ、ブッフォンら、ユベントス勢の活躍への期待も込めて、楽しみは大きいです。ですよね!
そんなわけで、イタリア目当てに早めに帰宅したら、なんと日本がHONDAのゴールでカメルーンを下しちゃいましたよ!

カメルーンがグダグダだったことを差し引いても、ここ数試合の日本代表からは考えられないようなパッションを感じる内容でした。やればできるじゃん!
……というより、これまでと違った布陣とコレクティブな連動を考えるに、いろいろ解釈できることがありますな。とりあえず歴史的快挙を成し遂げた選手に拍手です。

もちろん、イタリア戦も観ましたよ。でも眠たくなったのであらためて。
2009/11/20 (Fri)

11月19日。W杯進出をかけたプレーオフ2ndレグ翌朝のガゼッタ。

翌11月20日のガゼッタ。

2日連続で1面はアンリの左手です。
しかもギャラスがちゃーんとその状況を見ている絵。
これで「僕は見てませーン」とかよく言えたものだ。

ハンドでありこそすれ、プレーを続行していい状況ではありません。
フランス、アウトー!

とりあえず審判はヤバい。フランスは今後生涯に渡り、総力を挙げて警護すべき。
アイルランドって、IRAの国ですぜ……。

プロフィール
HN:
'K (ダスケ)
誕生日:
2019/02/24
職業:
ペンゴロ
趣味:
ごろごろ
自己紹介:
ぐーたらしながら青春を無為に過ごす。マルチェロ・リッピの信奉者で、ユーベも02-03シーズンが一番好き。選手の好みはエドガー・ダービッツ、パベル・ネドベド、ジェンナーロ・ガットゥーゾ、ファン・パブロ・ソリンなどダイナモ系。デル・ピエロは別格のアイドル。05-06シーズンは独ブンデスリーガのカイザースラウテルンに熱視線を送るも、あえなく降格の憂き目にあった。梅のしが大好物。
09-10結果&チーム内得点ランク
16勝7分14敗 勝ち点55(7位)
8:デル・ピエロ
7:トレゼゲ
6:イアキンタ
5:アマウリ、ジエゴ
3:メロ、キエッリーニ、マルキジオ
2:カモラネージ、サリハミジッチ、グロッソ、カンドレーヴァ
1:カセレス、ジョビンコ、レグロッターリエ
08-09結果&チーム内得点ランク
21勝11分6敗 勝ち点74(2位)
14:デル・ピエロ
12:アマウリ、イアキンタ
7:ネドベド
3:キエッリーニ、マルキジオ
2:ジョビンコ、メルベリ、グリゲラ、ザネッティ
1:マルキオンニ、カモラネージ、レグロッターリエ、ポウルセン、トレゼゲ、サリハミジッチ
07-08結果&チーム内得点ランク
20勝12分6敗 勝ち点72(3位)
21:デル・ピエロ(得点王)
20:トレゼゲ
8:イアキンタ
5:カモラネージ
4:サリハミジッチ
3:レグロッターリエ  :キエッリーニ
2:ネドベド  :パッラディーノ
1:マルキオンニ  :シソコ  :グリゲラ
06-07結果&チーム内得点ランク
42試合 勝ち点85(1位)
20 デル・ピエロ "リーグ得点王"
15 トレゼゲ
11 ネドベド
9  パッラディーノ
5 ボジノフ
4 サラジェタ
3 カモラネージ、キエッリーニ
2 ザネッティ
1 パーロ、デ・チェリエ、ビリンデッリ、バルザレッティ、マルキオンニ、ブームソン、ビアンコ
最新CM
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/12)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/10)
最新トラックバック
バーコード

ユベントスのセリエBあらためA!奮戦記/WWE温故知新
Blog Produce : 'K (ダスケ) / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]